名称    :   むつみの宿 旅館 和多屋

所在    :    長崎県雲仙市小浜町北本町930

島原半島の西、雲仙岳から程近い、家庭的な雰囲気が落ち着く暖かな宿、むつみの宿 旅館 和多屋。

かつて、坂本竜馬や吉田松陰も歩いたという、島原半島を一周する島原街道。その街道沿いに佇むこの宿は、昭和40年頃
に建てられた木造2階建て、近海の海の幸と天然かけ流し温泉、女将さんや仲居さんの気使いに心癒される宿である。

<玄関>

この味わいは素敵である。

暗がりに照らされる格子が美しく、玄関の雰囲
気をより引き立てている。

<客室>

和室10畳

すっきりと清潔な部屋である、風呂上りにはさ
ぞ寛げることだろう。

<客室>

和室6畳

こちらもまた、居心地のよさそうな部屋である。
奥に見える欄間のついた台が、洒落ている。

<大浴場>

これは贅沢である。

壁、天井に檜を使用し、床はタイル張り、そこに注がれるのは小浜の天然かけ流し温泉。
源泉は100度を越える為、温度は高めである、体の心から温まれて宿泊客の方にも大好評、お風呂がよかったというお声が
非常に多い。

<貸切個室風呂>

こちらも、木の温もりを感じる贅沢な風呂である。
これが貸切できるとはなんとも、ゆっくりのんびりしたいと思う方にはまさにうってつけであろう。

<夕食例>

夕食は料理長特製の創作会席。
近海の新鮮な海の幸と、地元の農家さんから仕入れた旬の野菜で小浜を満喫できる。

彩りも美しく、上品に盛り付けられたお料理はとてもおいしそうである。

温かく親しみやすい雰囲気の『むつみの宿 旅館 和多屋』、

周囲には食べ物屋さんも多く、素泊まりでも十分に楽しめるとあって、気ままな一人旅にもおすすめ。

宿に戻れば、女将さんやスタッフの方が温かく迎えてくれ、また来たくなる。

そんな、心癒される宿、是非とも訪れてみたいと思う編集者である。