名称    :   佐久市I邸 (安藤建築設計工房)

所在    :    長野県佐久市臼田

HP       :   佐久市I邸 (安藤建築設計工房 ホームページ内)

長野県で家造りの企画、設計、監理を行い、住み手主体の住まいづくりを目指している安藤建築設計工房の作品。

臼田町の商店街通りに面した木造2階建て、古民家風の建物。瓦屋根が凛々しく、柱やドアの緋色が明るい印象を与えている。

お子様2人、家族5人がお住まいのこの家は少し個性的、2階に主な居住スペースを配置し、外との視線をずらしているのだ。
こうすることで見晴らしをよくし、プライバシーも取っている。また、家主の仕事がら書籍も多く、仕事部屋として半地下の部屋を設け
ているのだ。

こうなると、家全体も個性的なものになってしまうところだろうが、この難しい配置を、町並みに溶け込んだ外観で実現しているのが
この家のすごいところ。

町並みに合わせつつ、自分たちにとって住みやすく、居心地のいい空間を実現した楽しさと工夫のある作品。

<船枻造り(セガイヅクリ)>

この家の大きな特徴である、1階よりもせり出した2階の
造り。

船枻造り(セガイヅクリ)といって、柱の上部から腕木を出
して支える棚をもつ民家のつくり格式ある伝統工法である。

写真は出桁の渡り顎部分を組み上げているところ。
国産材100%の自然乾燥材。また、これらがプレカットを
せず、大工さんによる手加工というこだわり。

無垢材でしっかりと組み上げることで、中も外も美しい建屋
となっている。

すごいぞ安藤建築設計工房さん。

<玄関>

シンプルで素敵な玄関

落ち着いた色合いの庇がお洒落である。

<和室>

こちらも無垢材がふんだんに使用された
見事な和室である。

特に天井の造りが美しく、梁を利用した空
間が面白い。

中央の明かりも天井と床、壁を美しく照ら
し出すなかなかのもの。

<階段>

階段の踏み板、手すり、壁の縁、触れ
る部分各所に無垢材が使用されており。

実に心地が良さそうだ。

<リビング>

家族の憩いの場をあえて2階に持ってきたことで、外との視線をずらし、住み手のプライバシーや見晴らしを良くしたという。
住宅密集地などに住む方とって、とてもうれしい配慮である。窓も大きく取れ、梁を見せることで、天井も高く広々としている。
リビングから見たキッチンも美しく、造作はオリジナル。どこか古風で、どこかシャープ、なかなかのもの。

床材に無垢の杉板を使用しているので、足に優しく2人のお子さんたちは上へ下へと駆け回っているとか。

家族全員が楽しく過ごせる素敵なリビングである。

<キッチン>

リビングにフィットした使いやすそうな
キッチン。

これがすべて、大工さんの手作りとい
うから驚き!

<リビングと畳>

リビングに併設された畳のスペースが
またうれしい。

景色を眺めながらの食事も楽しかろう。

<無垢張りの風呂>

ハーフユニットバスを使用し、他の部分は無垢材で美し
く仕上げている。

フルユニットバスの欠点である、無機的なイメージを一掃
し、かつ機能的である。

こちらも2階にある為、ゆっくりと湯につかることが出来る。

あたたかみのある仕上がりである。

<半地下>

階段を更に下ると、書斎兼、仕事部屋
が見えてくる。

無垢と壁の色合いが面白い。

隠れ家的感覚だ。

<仕事部屋>

半地下なのに明るい色彩で開放的。

こんな仕事部屋があったらついついこ
もってしまいそうだ。

その土地その土地の町並みにあった佇まいと、住まい手の理想の暮らし。

それらを両方かなえるのは決してたやすいことではないだろう。

安藤建築設計工房は古民家風の建屋からは、想像できない工夫と楽しさがいっぱい詰まったすばらしい設計を見せてくれた。

しかも、実用的な内部が古民家風の外観とよく合っている、これはなかなか難しい。

無垢材を生かした丁寧な施工と、外観、内装に至るまで、住まい手に気を配りそれを実現させている。

これは、住まい手の暮らしに妥協をさせないうまい家づくりだと筆者は思う。

詳細はホームページ参照のこと。